ひな人形

ひな人形の由来

ひなまつりは、今から約三千年前の平安時代、上己の節句と言って三月初めの己の日に天地に祈りをささげ、紙や植物で作った人形・形代にお酒や供物を添えて川や海に流し、自分に代わって病気や災難を身替わりになってもらうためのお祓い行事でした。同じ頃、源氏物語や枕草子に出てくる「ひいな遊び」とひとつになって、現代の「ひなまつり」になったと云われております。女の子が美しく、優しく、健やかに育ってくれるようにとの願いが込められています。